イタリアが欲しいならココっ 2017年度 ストックオリーブの通販が激安価格っ!

野外炊爨で早速使ってみましたがこの密閉性のおかげかご飯もふっくら炊き上がりました。今回のものは塗装や仕上げが若干悪く、蓋と底に結構大きなへこみが有りました。3回ほど使いましたが失敗もなく美味しいご飯が炊けました。

これっ!

2017年01月15日 ランキング上位商品↑

イタリア オリーブ ストックイタリア軍 アルミ飯盒 オリーブ デッドストック

詳しくはこちら
 b y 楽 天

デッドストック品とのことで、多少のほこりはかぶっていたものの使用感はまったくなく状態のよいものが届きました。以前!同じものを他のショップから買ったのですが届いたものは中華製のコピーでした。コピー商品では密閉が悪くハンドルもグラグラして固定できず、ご飯を炊けば下は焦げているのに上はベチャベチャ、という状態でした。フタのロックがしっかりかかるので沸騰後もフタが浮くことはなく!重石はいりません。ロックはぶらぶら・・・・。以前のデッドストック品は「OSIM75」の刻印、今回入荷の物には「CM76」と刻印が有ります。中子の上部の線あたりまで米を入れると約3合でした。)「保管時に付いたキズ!擦れ!塗装の剥がれ等がございます。このイタリア軍の飯盒は!上蓋の取っ手の先がピッタリ飯盒の底に収まる仕様になっています。ぐらつき難く、蓋も外れにくくなっていて良いですね。これからもどんどん使っていこうと思います。以前の物の方が販売価格も安く!全体的な作りがいいです。災害時にもごはんが食べられそうです。以前!ドイツ軍の水筒は!中古でしたが綺麗なもので嬉しい驚きでした!今回は!デッドストックということで!一部に錆があるものの使用感は無く部屋のインテリアに使ってます。まだ3合までしかご飯を炊いたことがありませんが、たぶん4合くらいは行けそうな感じです。ハンドルの付け根からぽたぽたと水は漏れる。飯盒の購入は3つ目ですが、これは良いものですね。形が近ければほぼ同じように使えるものだろう!と思っていたのですが大間違いでした。『まぁ、しょうがない。軍用飯盒は既にスウェーデンのものを持っていますが、ドイツ軍のものに近いということで購入しました。こちらも非常持ち出し用備品に加えたいと思います。他メーカーのアルミクッカーセットも所有してますが、ココのショップで販売しているイタリア軍の飯盒が私のお気に入りでした。お米の量を量るのに一度計量カップで内蓋にお米を入れて印しを付ける必要があります!お水の量も同じよう研いだ後に印しを付ければ美味しく炊けます。(ロゴスのは数回使ったら端からパリパリと塗装が剥げてきました。結果は……大正解でした。比べてみて改めて本物の素晴しさを再認識した次第です。多少塗装がはげたような部分はありますが、洗えば十分使用に耐える感じです。飯ごう本体には約500mL刻みで目盛りが3つついています。外観については、凹み、こすれ、蓋内側に塗装付着など有りましたが全体的にキレイで、アルミは肉厚でそこそこ重みはありますが、実用性抜群だと思います。吊り下げ用の取っ手も!上できちんろロックできるような仕様になっているので!取っ手が!炊飯中に落ちたりしないようになってます。』と!使ってはいたのですが!どうしても本物を諦めきれずに!買いました。デッドストック品ですから完璧を求める方は購入しないほうが良いと思います。塗装もしっかりしていて!さすが!軍用だなって思います。 」と説明に有りますが、いくらデッドストック品とは言え「へこみが有る」可能性もある旨、加えて頂きたかった。上蓋の密閉性がよく、固定具も兼ねた上蓋のハンドルも本体にカチリと嵌まります。とは言っても中国製のレプリカよりはしっかりしていますので、焚き火調理等で実用しようと思っています。『シュッポッ』とガタ無く閉まる蓋。キャンプの相棒として!長く使っていけると感じています。以前スェーデンメスキットをこちらで購入したのですが(とても綺麗な物でした)それよりは、デッドストックという事なのかあまり期待していた物ではなかったですが2千円台で出回っているレプリカを購入しようと思ったのですがあまりレヴューがよくなくヤフオクなどでもデッドストック物は価格が高くて迷っていたところ再入荷でゲット出来ました物は頑丈で水漏れもなどもありません早速二合の炊飯をしてみました水加減は日本仕様ではないので目盛りなどは使えないですが米の量と経験から大体でgoー美味しく炊けました。お米を炊きましたが、蓋がロックされて美味しいお米が炊けました、どんどん使って美味しいお米を上手に炊ける様に頑張ります。またこの飯盒は構造上重心が高いので安定が悪いのですが!本体付属の把手は上に持ち上げるとロック機構が働くようになっていて倒れることはありません(模造品ではこれがうまく働かず持ち上げた瞬間引っくり返ります)。本物はこうなのかと感動でした。また模造品は火にかけるとすぐに塗装がパリパリと剥がれてしまいますが、本製品は変色はあるものの加熱による塗装のダメージはありませんでした。ハンドル部分もしっかりとしています。前からドイツ式飯盒を探していたのですが見つからなくて!今までは仕方なく中国製のコピー商品を買って使っていました。もち手を上に引き上げると本体が固定されブランブランしないので、米と水が入った状態でも安定して持ち歩けます。当然、兵式のように水の2合、4合の目印はついていませんが、軽量カップで測ってしまうので問題ありません。今回イタリア製デッドストックを見つけ!既にひとつ持っているので迷ったのですが思い切って購入しました。)中子は兵式に比べると深めです。蓋はガタガタ。びっくりでした。ロゴスの兵式ハンゴウも持っていますが、それに比べて塗装も丈夫で剥げてくる様子もありません。これ以上の飯盒はないと思います。底へのロックもしっかりとしたものでした。(実用上に問題なく、個体差があるでしょうが…。基本的にイタリアではお米を炊く様には造られていないみたいであくまでも食器として使う造りだと思います、印しは3箇所付いていますが、お米の量を量る印しではないようです。正直!以前の物の方が出来がよいです。。